就業ルールの策定、労働・社会保険の手続き、助成金申請など労務管理に関するご相談・手続代行は赤羽の社会保険労務士事務所ASRパートナーにお任せください。

東京都北区赤羽1-11-4アポー赤羽ビル502号

受付時間:9:00〜17:00土日祝日を除く)

お気軽にお問合せください

03-6454-4270

助成金申請

提出書類も多く、手続きが複雑かつ煩雑な助成金。

しかし受給できれば、雇用の安定やビジネスチャンスに大いに期待できます。

この助成金を確実に受給するために、専門知識を持った弊社が申請手続きを全面サポートします。

助成金受給のための基礎知識

助成金の財源は

助成金の財源になっているのは、各企業が納付している雇用保険料です。

雇用保険は被保険者の失業や再就職のための保険と思われがちですが、保険料の会社負担分の一部は、企業の事業発展のために使われています。

ですので、各助成金には受給するための条件がそれぞれありますが、共通の条件として
「雇用保険に加入していること」があります。

助成金の経理上の取り扱い

助成金は融資等とは異なり、返済する必要がありません。

よって経理上は雑収入として取り扱うことになります。

助成金を受給するには

1.各助成金毎に設定している条件を満たすこと
2.期限内に必要な書類を提出すること

 ●助成金は申請時のみの手続きで完了となることはまずありません。
  実施中、導入中の報告や、終了・完了後の報告も求められます。

 ●期限にも非常に厳しく、提出を1日遅れただけで取り消される場合もあります。

 ●虚偽の報告にも厳しいです。
  取り消されるだけでなく、場合によっては騙して受給したと捉えられることも
  ありますので、事実を正確に報告しなければなりません。

種類によっては何百万円もの助成金が返済不要で受け取れるわけですから、手続きやチェックが厳しくなるのも仕方がありません。

ですので、申請中はしっかり管理していく必要があります。

助成金にはどのようなものがあるの?

助成金の財源が雇用保険料ということからも分かるように、雇用、人材育成に関するものが
多くなっています。
助成金の種類やその受給金額などは毎年変更になり、また予算を超えると期中でも申し込みが終了するものもあります。

下記のようなことをお考えの場合は、助成金を受給できる可能性がありますので
一度ご検討してみてはいかがでしょうか。

新規に人材を雇入れたい

パートタイマーや有期契約労働者を正社員にする制度を導入したい

非正規社員に教育を提供したい
 

人材を育成したい

経営が厳しいが雇用を維持したい
 

高年齢者を新たに雇用したい

障害者を新たに雇用したい
 

育児休業者の代替要員を確保したい

事業所内に保育施設を設置したい
 

喫煙室を設置したい

2016年の助成金情報はコチラ

弊社サービス内容

①紹介・診断

・現在実施されている助成金の紹介(任意)
・助成金の利用可能診断

②申請代行

弊社では申請から受給完了までトータルでサポート致します。

 ・提出書類のチェック(労働者名簿、賃金台帳等)
 ・申請書類の作成代行
 ・申請書類の申請代行
 ・報告書類の作成アドバイス及び代行
 ・期限等のアナウンス、必要書類の案内  等

料金

(税別)

①紹介・診断

¥5,000

※②申請代行まで実施の場合は無料

労務顧問契約企業様

無料

②申請代行成功報酬20%労務顧問契約企業様
成功報酬15%

ご不明な点がございましたらお気軽にお問合せください。

お問合せはこちら

お気軽にお問合せください

お電話又は「お問合せフォーム」をご利用ください

お電話でのお問合せはこちら

03-6454-4270

受付時間:9:00〜17:00(土日祝日を除く)
     ※お問合せフォームは24時間可能です